500

PERFORMANCE

twinair

twinair

可変吸気バルブタイミングMultiAir テクノロジーを導入、吸気効率・燃焼効率を追求しパフォーマンスとエコノミーを高次元でバランスさせた2気筒8バルブエンジン、63kW/5,500rpmの最高出力とリッター26km を上回る低燃費を実現。875ccの小排気量ながらインタークーラー付ターボを採用、145Nmの最大トルクを1,900rpmの低回転にて発揮、直列2気筒特有の振動もカウンターバランサーシャフトで抑え、幅広い回転域でストレスの無い加速とドライブフィールを提供します。前後長の短い2気筒エンジンを横置搭載し、1.2モデルと同等の最小回転半径4.7mを確保、コンパクトサイズのボディと相まってドライバーが意図する通りの取り回しが可能です。

1.2 8Vエンジン

1.2 8Vエンジンは排気量1,240cc。長く親しまれているFire(ファイヤー)シリーズエンジンにリファインを重ねることで圧縮比を上げ、パワーアップを図りました。同時に、動力性能を一切損なうことなく同クラス中トップの燃費経済性を達成しています。このエンジンは最高出力51 kW(69 PS)を5,500 rpmで発生。最大トルク102 N・m(10.4 kgm)を3,000 rpmという低い回転数で生み出すことが特徴です。最高速度は160km/h<メーカー参考値>としていますが、これだけではありません。1.2 8Vエンジンを搭載した500は、市街地と高速走行の混合条件下(EC基準)での平均燃料消費量を100kmあたり5.1リットル(日本式表記での換算値19.4 km/)。CO2排出量は120g/kmを実現しています。また、スタートから100km/hまでの発進加速テストでは12.9秒を達成。卓越した燃費経済性と優れた加速性能を両立させることに成功しました。

デュアロジック

デュアロジック(Dualogic)トランスミッションは、自動車工学の逸品と賞賛される価値があると自負しています。革新的なデュアロジックは、乾式クラッチやマニュアルギアメカニズムなど、マニュアルトランスミッションが有するすべての特性(オートマチックトランスミッションに比べて軽量な構造、高い耐久性と信頼性、高い動力伝達効率による低い燃料消費量)を一切損なうことなく、電子制御式油圧作動機構がクラッチとシフトレバー操作を自動制御します。この最先端デバイスは、マニュアルトランスミッション特有のダイレクトな感覚に加え、パフォーマンスを大きく向上。同時に、コントロールシステムがドライバーによるミスシフトを防ぎ、トランスミッションの誤作動を回避するため、運転中の安全性を大幅に向上することにも貢献します。

START & STOP

アイドリングストップ機能のSTART&STOPシステムは、信号待ちなどで停車すると自動的にエンジンを止め、メーターパネルの表示灯でドライバーに知らせるシステム。ブレーキペダルを放すなどドライバーが発進しようとする意志を感知すると、エンジンを自動的に再始動。渋滞などの低速走行では作動を一時的に解除し、発進後に10km / hを超えると再び作動を開始する優れもの。インストルメントパネルに設けた専用の解除スイッチでシステムをOFFにすることも可能。

START & STOP