500X

SAFETY

ACTIVE SAFETY

衝突を未然に防ぐ、先進の安全機能。

7つのエアバッグ、ESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)、前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)、
レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)など数々の安全装備を全グレードに標準装備。

  • 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)

    フロントウインドーのカメラとレーダーセンサーによって、前方車両と500Xの速度差を検出し、衝突のリスクがあるとドライバーに警告を発します。ドライバーが回避行動を取らない場合、システムが自動的にブレーキを作動させて、衝突を回避するか、または被害を軽減します。

    ※前面衝突警報は車両の前方を警戒するだけのシステムで、車両の動作を制御し衝突を回避するための措置を講じる機能ではありません。ドライバーの積極的な操作の代わりとなるものでは決してありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。

  • エレクトロニックパーキングブレーキ

    エンジンを停止させると自動的に作動します。また、シートベルトを締めた状態で車両を前進・後退させると自動的に解除されます。

  • アダプティブクルーズコントロール

    フロントバンパーのレーダーセンサーを使用し、前方の車両の加減速に応じて自動的にスピードを調節、車間距離を維持します。(時速30km以上で使用可能)

    ※アダブティブクルーズコントロールの制御には限界があります。このシステムは追突による被害軽減を目的とした機能で、自動で追突を回避するものではありません。また道路状況や天候によっては作動しない場合があります。
    ※Pop Star Plus、Cross Plus専用

  • レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)

    意図せず(指示器を使わず)車線変更をすると警告を発します。走行レーンの逸脱を、インストルメントパネルの視覚的な警告に加え、電動パワーステアリングにトルクを発生させステアリング制御を行い、車線維持をアシストします。(時速60km以上で使用可能)

    ※レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)はドライバーの運転の代わりとなるものではありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。

  • リアパーキングカメラ / アラーム式リアパーキングセンサー

    スクリーンに後方映像と車幅線を表示し、同時にアラームで障害物との距離を知らせ駐車をサポートします。

    ※リアパーキングカメラ:Pop Star Plus、Cross Plus専用

  • ブラインドスポットモニター / リアクロスパスディテクション

    ドライバーの死角にいる車両をドアミラーに内蔵された警告灯と警告音で知らせます。また、バックの際に側方から車両が接近すると警告を発する機能も搭載しています。

    ※車線変更前には必ず周りの車両を目視で確認してください。
    ※Pop Star Plus、Cross Plus専用

PASSIVE SAFETY

“もしも”のときに備える安全機能。

ドライバーがコントロールできなくなった場合や、
万が一の衝突時などに備えた安全機能も装備。

ESC[エレクトロニック スタビリティ コントロール]

路面状況が悪い場合に、ブレーキやエンジン出力を調整し、
タイヤのスリップや横滑りなどの状態から安定した走行へ回復させます。

■ ASR[アンチ スリップ レギュレーション]
■ DST[ダイナミックステアリングトルク]
■ BLD[電子制御式ディファレンシャルロック]
■ ERM[エレクトロニック ロールミティゲーション]
■ HBA[ハイドローリック ブレーキ アシスト]
■ HHS[ヒルホールドシステム]

計7個のエアバッグ

■ フロントデュアルエアバッグ
■ サイドエアバッグ(前席シート組込型)
■ ウインドーエアバッグ(前席/後席側面)
■ ニーエアバッグ(運転席)