fiat magazine ciao!
Vol033_pix01_ttl

[FIAT×MIJP Vol.04] 機能と美の融合、山中漆器

生産者と消費者を結び、日本伝統のモノづくりの継承と発展を目指すFIAT×NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト(MIJP)のコラボ。今回は、石川県・山中温泉で伝統の製法を守りながら、モダンなデザインの漆器づくりを得意としている我戸幹男商店の商品の中から選び抜いて、FIATセレクト漆器を制作しました。

 

木地にこだわる山中漆器!

木製の食器を漆塗りで仕上げた、独特の美しさが特徴の山中漆器。その起源は、大勢の木地師がこの地の集落に移り住んだ、安土桃山時代に遡るといいます。木地師とは、原木から木を削り出し、最終型に近いかたちに仕上げる職人のこと。山中漆器はこの木地づくりに独特のこだわりを持ちます。

 

木地を乾燥させた後、仕上げの処理を施すところ

木地を乾燥させた後、仕上げの処理を施す。仕上げには手作業が欠かせない。

 

それは「縦木取り」と呼ばれる、輪切りした木材から縦方向に木地を刷り出す製法。この方法にこだわる理由は、木そのものが持つ強度を生かすことで変形が少なく、高い精度の製品ができあがるため。一定の木材からできる生産量は少なくなりますが、それよりも質にこだわっているのです。見た目は、木目が縦に入るのが特徴です。

 

ろくろをつかった漆塗り

ろくろをつかった漆塗り。薄く塗っては磨き、また同じことを繰り返す。そうすることで木そのものの模様が製品に浮かび上がる。

 

美しさを際立たせる漆塗り!

山中漆器のもうひとつの特徴は「漆塗り」。石川県は“塗り”の産地として知られますが、山中漆器の塗りは、透明感のある塗装が特徴。ろくろを使い、職人の手でひとつひとつ丁寧に仕上げていきます。こうして縦木取りならではの美しい木目模様の椀ができあがります。

 

FIATセレクト漆器は富田一彦氏(トミタデザイン主宰)が手がけた「WAQWA」

FIATセレクト漆器に選ばれたのは、国際的に活躍するプロダクトデザイナー富田一彦氏(トミタデザイン主宰)が手がけた「WAQWA」。和洋中華を問わないモダンかつレトロなデザインと、持ちやすさ、食べやすさの融合が図られている。

 

今回のコラボレーションのパートナーは、4代にわたり山中で漆器づくりに携わってきた我戸幹男商店。縦木取りと漆塗りを生かした伝統の製法による椀をベースに、FIATセレクト漆器が完成しました。その製作現場に密着したショートムービーをご覧ください。

 

 

 

取材 曽宮岳大