fiat magazine ciao!

女性のチカラを社会やコミュニティへ アジア女子大学第9回ファンドレイジングイベント

3月22日、東京アメリカンクラブで「アジア女子大学 第9回ファンドレイジングイベント」が開催されました。アジア女子大学とその教育活動を支援するグループFriends of AUW Japanの共催で行われたこのイベントは、アジアの教育環境に恵まれない優秀な女性に教育を提供するサポートプログラムの一環として行われました。会場ではアジア女子大学の活動報告やライブオークションが実施され、その収益金から学生たちへの奨学金が実現しました。

 

 

隠れた才能に光を

アジア女子大学は、2008年にバングラディッシュ・チッタゴンに設立された国際大学。南アジアや東南アジアで不平等な待遇を受けている優秀な女性たちに高等教育を提供し、地域社会のリーダーを育てあげることを目標に掲げています。出願者の選定では、大学卒業者がいない家庭の子女を優先しているのが特徴。現在は15カ国から700名以上の学生が通っており、奨学生(全額奨学金)の比率は98%にも達します。

 

フィアットは、ファンドレイジングイベントのサポートのほか、Share with FIAT を通じ、これまでにアジア女子大学の生徒への支援などを行ってきました。

 


アジア女子大学は企業や団体と連携し、教育プログラムの充実および次世代リーダーの創出を図っています。また国際的な視点から東南アジアの社会背景を配慮したプログラムの充実に力を入れています。

 

活動報告の冒頭では、武田薬品工業との連携により、アジア女子大学内で初となる「寄付基金教授職(Endowed Chair)」が2017年10月に設置されたことが発表されました。これは武田薬品工業からの寄付により大学が教授職を設置するもの。設置されたのは公衆衛生学で、バングラディッシュをはじめ途上国における公衆衛星の改善や次世代リーダーの創出が期待されています。

 

 

高級ファッションブランドMCM会長が女性にエール

また、アジア女子大学のニルラマ・ラオ副学長、およびソンジュグループ創立者でMCMホールディングスAG会長の金聖珠(キム・ソンジュ)会長がスペシャルゲストとして登壇し、それぞれプレゼンテーションを行ないました。

 


アジア女子大学のニルラマ・ラオ副学長。同校の将来のビジョンを述べました。

 

ニルラマ・ラオ副学長は向こう10年のビジョンにおいて、教育プログラムの充実や生徒数の増加を掲げ、2026年までに生徒数を3000人規模にまで増やすとする計画を述べました。また5000人のキャパシティを持つ新キャンパス構想についても触れました。

 


ソンジュグループ創立者でMCMホールディングスAG会長のキム・ソンジュ会長。

 

一方、キム・ソンジュ会長は女性リーダーの立場から、女性のエンパワメントに対する見解を披露しました。同氏は2012年に「Forbes アジア ビシネスウーマン」のトップ50に選ばれています。

「我が社は、世界40カ国にビシネスを展開しており、従業員の国籍はさまざま。それぞれ文化や働き方などのバックグラウンドが異なる人たちと共に仕事をしています。女性はそうした多様化した環境下で優れた順応力を発揮します。我が社でもグローバルで活躍するスタッフの80%を女性が占めています」と述べ、女性にエールを送りました。さらにアジア女子大学に対し、20万USドルの奨学金の提供を発表し、会場から大きな拍手が湧き起こりました。

 


ソンジュグループのキム・ソンジュ会長はアジア女子大学に、20万USドルの奨学金の給付を発表しました。

 

ライブオークションでは、協力企業が商品およびサービスを提供し、会場で競売が繰り広げられました。学生支援を目的としたオークションの参加者および支援企業により、アジア女子大学のたくさんの生徒たちの学費や教材費、保険費に充当する支援が実現しました。

 


ライブオークションでは、参加者が生徒たちへの学生生活の支援に積極的な姿勢を見せていました。

 

オークション後の懇親会でニルラマ・ラオ副学長に女性のエンパワメントについて意見を求めると、彼女は次のように答えてくれました。

「これからの時代は、女性にもサイエンス&テクノロジーの分野に積極的に参加してもらいたいと考えます。アジア地域ではこの分野への女性の参画が少なく、遅れをとってしまっています。今後は、たとえばバイオインフォマティクス(生命情報科学)などの分野において、女性のさらなる活躍を期待します」

 


アジア女子大学のニルラマ・ラオ副学長。

 

これを受けて、FCAジャパン マーケティング本部長 ティツィアナ・アランプレセは、「日本では女性の高等教育の機会が充実しているにもかかわらず、せっかく教育を受けた女性の経験や能力が社会で存分に活躍していません。これはとてももったいないことです。アジア女子大学の生徒さんのように、もっと強いエネルギーを持って、社会でその力を発揮してもらいたいですね」と期待を口にしました。

 


ファンドレイジングイベントには、特定非営利活動法人JKSK女性の活力を社会の活力に 会長・理事長の木全ミツさん(左から2番目)も参加されていました。木全さんはアジア女子大学とJKSKによる連携プロジェクトを2009年に発足し、アジア女子大学生徒の支援やインターンシップ先の斡旋に尽力されました。FIAT(写真一番左:マーケティング本部長 ティツィアナ・アランプレセ)は、Share with FIAT活動を通じ、アジア女子大学のほかJKSK、ルーム・トゥ・リード・ジャパンI LADY. とも連携し、女性のエンパワメントの活動を精力的に行っています。

 

 

アジア女子大学公式サイト

 

写真 小林俊樹