fiat magazine ciao!
ネコ,留守番

一緒におでかけ?それとも留守番?〜ネコと旅の相性を考える-その1

昨今のネコ人気はとどまることを知らず、TVCMや街中の広告でもネコが溢れています。それに伴い、ネコを飼う方も相当増えているようで…。

 

FIATの故郷イタリアでもネコは大人気。ローマ時代からネズミ退治で大活躍していたことは有名ですが、今では日本の影響を受けて猫カフェもスタートするほど。

 

今回のトピックは、そんなネコちゃんと旅行について。

犬と比べると、吠えたり散歩が必要などという心配がないので、留守番には向いていると思われがちなネコちゃん。

最近ではネット上でもネコと旅に出るといった話題もチラホラ見かけます。

置いていく、連れていくにしても、やはり経験豊かなプロのアドバイスが気になるところ。

 

ネコは「犬は人につき、猫は家につく」などと言われますが、第一回目の今回は、ネコのお留守番について、当マガジンの動物ご意見番、東京、田園調布の「アーク動物病院」の増川先生に伺ってみました。

 

 

暑さは大敵

これからの季節、まず考えなければならないのが暑さ対策。

日本の場合、基本夏以外は温度による恐怖は関係ないと思って大丈夫。

室内であれば、冬の寒さもネコちゃんにとって大した問題にはなりません。

しかし、熱は別問題。

 

よく、ネコはそもそも熱帯の動物、だから、エアコンを入れっぱなしにして、エサとお水をおいて1泊2日くらいなら問題なし!というような方もいるようですが、そこに落とし穴があります。

 

夏といえば、強烈な日射と温度上昇以外にも、落雷というリスクがあります。最近では都内でもゲリラ豪雨が発生し落雷が起き、まれに停電になることがあります。

実は、ちょっとした停電でも、その時点でエアコンがOFFになり、ふたたび室温がみるみる上昇し、ネコちゃんが熱中症などというケースも多発しているようです。

 

 

落雷

 

 

熱中症の恐ろしさは改めてご説明する必要はないと思いますが、最悪死に至るケースも…。

ちなみに、多くの患者(動物たち)を預かる増川先生は、ちょっとした落雷でも、いつ何時であろうと病院のすべての空調をチェックするというほど、注意を払ってらっしゃいます。

 

 

それではどうすれば良いのか?

やはり、ベストは留守中には「誰かに面倒を見てもらう」こと。

 

家族、親戚、友人、プロのペットシッター…etc.

なんであれ誰かが気にかけ、万一の事故の際も対応できる環境を作ることが文字どおりベストです。

 

最近ではペットの監視カメラやスマホのアプリがあるようですが、これも大変有効。留守中の様子が見られるだけでなく、声を聞いたり、こちらから声をかけたりすることも可能なので、こちらも有効なツールとしておすすめできるとのこと。

 

こうした便利ツールにあわせて「誰かのサポート」があることで、より安全なお留守番ができます。

ちなみに、誰でもいいかというとそうではなく、当然なのですが、ネコちゃんが緊張しない人、つまり相性のいい人に来てもらうのがベスト。

一回の留守中にはなるべく同じ人に来てもらうことが非常に重要だそうです。

 

 

ネコ,留守番

 

 

ペットホテルの活用法

誰かにお世話をお願いできない場合は?

そんな時便利なのが、ペットホテル。かねてからのペットブームでずいぶんとその数を増やしています。

 

ホテル選びでのポイントは、施設や環境、ホテルのスタッフさんたちとの相性などを見てあげましょう。

「家につく」という言葉通り、環境に対する要求の大きなネコにとって、新しい環境が受け入れられるものかどうかはとても重要。下見をしてネコちゃんの反応をよくみるようにしましょう。

 

 

ネコ,留守番

 

 

海外出張が多い方の落とし穴

海外旅行や出張が多い方もいらっしゃると思うのですが、成田発、羽田発…。発着便の都合でペットホテルを毎回変える方もいらっしゃると聞きますが、実はこれ、なるべく避けてあげたほうがいいようです。

 

飼い主の都合で発着場所が変わろうとも、ネコちゃんにとっては、日頃の環境と異なるところでの生活を強いられるわけです。愛するネコちゃんを置いていく、せめてもの罪滅ぼしと思って、なるべく同じ「預け先」を作るように努めましょう。

言うまでもないことかも知れませんが、一度預けたらすっかり痩せたとか、すっかり食欲がなくなってしまって…。

万一そんなことがおきるようなら、すぐに他を当たるようにしましょう。

 

 

次回は、ネコと旅に出る場合の注意点とコツについてご紹介します。

 

アーク動物病院

東京都大田区田園調布2-20-10

http://www.ark-vet.com