fiat magazine ciao!

海の“青”をまとった500でたどる、ジャック・マイヨールの足跡

フィアットの限定車『500 MareBlu(マーレ ブル)』。美しく澄んだ青色は、海の水面が織りなす“青”から生まれました。また80年代の世界的名作である映画『グラン・ブルー』にも、実はゆかりがあるのです。

 

海からインスピレーションを受けた限定車“マーレ ブル”

 

藍や紺、ネイビー、コバルト、セルリアン、群青。“青”とひと口にいっても、その色彩はさまざまであり複雑です。たとえば頭上に広がる空の色にも、じっと目をこらせば濃淡があることに気付く。昨日見上げた空と今日の空も、けっして同じ青色ではないはずです。

 

 

青(ブルー)——この色から、あなたは何をイメージしますか? このたびフィアットでは限定車『500 MareBlu(マーレ ブル)』を発売します。海を連想させるこの深淵な青、映画『グラン・ブルー』の青に通ずるところがあります。

 

館山湾を望む

 

青に魅せられた世界的ダイバー、ジャック・マイヨール

 

1988年公開の映画『グラン・ブルー(Le Grand Bleu)』は、世界新記録を次々に塗りかえてゆく天才的な潜水能力をもった、実在するダイバーの半生を描いた作品です。

フランス国内の観客動員数は1000万人、パリでは187週連続上映という異例の記録を生んだ本作は世界各地でも反響を呼びます。ハイティーンを中心としたファンを「グラン・ブルー・ジェネレーション(Grand Bleu Generation)」とする造語が生まれるなど、一時は社会現象にもなりました。

 

ジャックの自家用車はフィアット『500 giardiniera(ジャルディニエラ)』だった(写真は成田均さん所有のアルバムより)

 

フィアット『500 giardiniera(ジャルディニエラ)』

 

作中の主人公であるジャック・マイヨールは、映画公開当時61歳。すでにダイバーの最前線からは引退していましたが、作品がブームとなったことを皮切りに、本の執筆業や国内外のテレビ出演など活動の幅を広げました。

しかし『グラン・ブルー』公開から約20年が過ぎた2001年。彼の生涯は突如、イタリアのエルバ島にて幕を閉じました。

 

千葉県安房地方の西部に位置する館山市

 

フランスで生まれたジャックがダイバーを志すことになったのは、ここ日本でのある出来事がきっかけでした。初めて海へ足を運んだ4歳から数年の月日が経ち、10歳の頃に佐賀県の海を訪れたジャック。そこで出あったイルカに大きなインスピレーションを受け、ダイバーの道を歩みはじめます。

世界各地の海を旅するように潜り続けたジャックは、素潜りの世界記録を更新した後に、再び日本と深い関わりをもつこととなりました。その地は東京湾の入口に位置する千葉県の館山市です。

 

人気の観光スポット「沖の島」を市内中心部から望む

 

ジャックの愛した館山の海をたずねて

ジャックが「国籍の違う弟」と呼び、生涯信頼の絆を結んだ唯一の日本人である成田均(なりたひとし)さんをたずねて、私たちは館山へ向かいました。

二人の出会いは、成田さんが日本代表としてブルーオリンピック(素潜り魚突き世界選手権)に参加した1969年。翌年、成田さんの故郷の秋田へ12日間の素潜りツアーへ誘い出して以来、30年にわたる友情が育まれたといいます。

 

ジャックから託されたメッセージを後世に伝えることを使命とし、豊饒の海をよみがえらせる「海洋牧場」などさまざまなプランを構想する成田さん。

素潜りに不可欠な精神統一のために、ジャックは安房自然村の一隅にある能忍寺で坐禅をし、日本文化や哲学を学んだ。

 

成田さんは、館山で「シークロップ」というダイビングスクールを営んでいます。ジャックは、鮮やかなサンゴや魚が美しい館山の海をこよなく愛し、来日するたびに成田さんのもとを訪れました。成田さんが提供した古民家は「ジャックス・プレイス」と呼ばれ、最長9か月滞在したとのこと。

 

二人は長い時間を共に過ごすなかで、イルカから学んだ人生哲学の数々を語り合った。それは、誰とも争わず、自然と調和する生き方を「ホモ・デルフィナス(イルカ人間)」と名付け、持続可能な共生社会への提唱となった(写真提供:安房文化遺産フォーラム)

 

館山の最南端にある自然豊かな安房自然村へ案内されました。能忍寺裏手の展望台からは、富士山や伊豆の島々を望む雄大な海景を眺めることができます。5万坪の敷地内には、ホテルや温泉、散策路もあります。

成田さんは現在、ここの山林を舞台にジャックのメッセージを伝える場として、ホモ・デルフィナスの森づくりに取り組んでいます。同時に、かつてジャックとともに語り合った“豊かな海”を取り戻す活動も、精力的に継続しています。

 

誰とも争わず、自然と調和するイルカにならって生きる。そんなメッセージを込めて、ジャックは「ホモ・デルフィナス(イルカ人間)」という生き方を、成田さんにも説いたという(写真は成田均さん所有のアルバムより)

 

「ジャックは海に潜りながら、生きとし生けるものが支え合い、共存していく姿を、大好きなイルカたちから学んでいたのだと思います」。ジャックを成田さんはそのように振り返ります。

ホモ・デルフィナスの森からふとふもとを見下ろすと、太陽の光を受けてさまざまな青を帯びる、館山の海が広がっていました。

 

「安房自然村」麓にそびえる二つの山(男神山、女神山)。海の神がかつて訪れたという言い伝えもある神聖な地

 

房総フラワーラインでは車窓の外のパノラマに釘付け

 

自然をこよなく慈しみ、イルカから受けたインスピレーションを生涯信じ続けたジャック。彼のメッセージは、今を生きる私たちに遺された特別なものです。
次の休日は千葉県でのんびりと時を過ごすのもいいかもしれません。ジャックを抱いた館山の海が、きっと陽光にきらめいていることでしょう。

 

 

ディープな海の“青”を連想させる『500 MareBlu』で爽やかな春のドライブへ

 

限定車『500 MareBlu』の製品ページはこちら

 

今回取材にご協力いただいた成田圴さんの活動はこちら
「永遠に続く未来型むらづくりのモデル事業です。自然と人間が共存できる社会づくりを目指し、日々活動を行なっています。」
●ダイビングスクール・シークロップ
住所:千葉県館山市坂田63
電話:0470-29-1575
URL:http://www.seacrop.jp/
●安房自然村
●能忍寺
住所:千葉県館山市布良600
電話:0470-28-1111
URL:http://awa-shizenmura.jp/