1926-1938

国内市場への回帰

イタリア王国首相ムッソリーニの独裁体制の下で、フィアットは海外事業の縮小を迫られ、国内市場に専念する。一方、1930年代に入るとトラックと商用車が大きな技術発展を遂げ、航空・鉄道部門も発展した。

この時期の新型車

1934年に「フィアット バリラ」、1936年に「フィアット トッポリーノ」と人気モデルを立て続けに生み出す。「バリラ」は燃料消費量の少なさから「タリファ・ミニマ」と呼ばれた。「トポリーノ」は世界最小クラスの実用車で、1955年まで生産されるロングセラーモデルとなる。

ミラフィオリ工場の建設

1937年、大規模なミラフィオリ工場の建設作業が始まる。この工場はフィアットの大量生産計画を反映し、最先進技術がふんだんに取り入れられた。

< PREV
NEXT >
  • *
  • *
  • *
*

フィアットとアバルト、その関係を紐解く