1939-1951

第二次世界大戦

第二次世界大戦中に自動車の生産台数が大幅に減少する一方、商用車の生産は大きく成長する。

経営者の交代

1945年、イタリア議会で上院議員も務めていたジョバンニ・アニエッリCEOが死去し、ヴィットーリオ・ヴァレッタが新社長に就任する。

第二次世界大戦後の業績回復

マーシャル・プランに基づく米国からの資金援助を受け、1948年に第二次世界大戦中にダメージを追った工場の再建が完了する。利益が伸び始め、従業員数も増加していく。

研究実施の方針

「フィアット 500」や「フィアット 1400」といったニューモデルの商品化を通して、研究および技術革新を進めていく方針を明確に打ち出す。暖房やベンチレーション機能を大量生産に初めて取り入れた。船と飛行機のエンジンに関する研究も続けられ、1951年にはイタリア最初のジェット旅客機「フィアット G.80」が誕生する。

< PREV
NEXT >
  • *
  • *
  • *
  • *
*

フィアットとアバルト、その関係を紐解く