fiat magazine ciao!

新しさの奥に“深み”を感じる 新型「500X」試乗インプレッション

  • facebook
  • twitter
  • line
Pocket

─「これ見よがしではなく、ありきたりでもない。絶妙なセンスを見る人に感じさせるクルマだと思いますね」

500Xのスタイリングについてそう語るのは、さまざまな自動車専門誌や一般誌に寄稿するエディター/ライターの塩見 智氏。昨今、存在感を誇示するかのような強面のクルマが増えているなか、やわらかな表情でさりげなく存在感を漂わす500Xのデザインには、とても好感が持てるとのこと。 「フロントマスクは誰もがひと目見て、かわいいなと感じると思います。ファニーフェイスだけど甘すぎない。誰が乗っても満足できるユニバーサルなデザインだと思いますね」と、500Xの印象を話してくれました。


塩見 智氏。自動車雑誌編集長などを経て、2011年にフリーのエディター/ライターに。数々のwebや雑誌に寄稿。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。


しっかりしたつくりで安心感がある

─デザインのほかに500Xならではの特徴は、どういったところにあると感じますか?

「フィアットとともに歴史を歩んできたチンクエチェントのイメージを踏襲しながら、新しい特徴をうまく盛り込んだパッケージングにも“らしさ”が現れていると思いますね。それほど大きなクルマには見えないのに、乗り込んでみると想像するよりずっと広い。また運転席の目線はちょっと高めなので、周囲の交通環境が見渡しやすく、運転しやすいんですよ」


リアシートも大人が余裕で座れる広々した空間。500X Crossはレザーシートを標準装備。

なるほど、チンクエチェントと差別化された部分が新たな個性を生み出している感じですね。乗り心地はどうですか? 「500Xって、クルマの骨格をなす新設計のプラットフォームによって、つくりが非常にがっちりした印象ですね。そのおかげで、運転しているときに、しっかりした感じとか硬い殻に守られているような安心感がありますね。あとは、乗り心地。段差などを乗り越えてもサスペンションがうまく衝撃を吸収してくれます。車体が揺すられることなく、快適に移動できる点は500Xの特徴として挙げておきたいですね」


ライト類が一新された500Xのリアビュー。チンクチェントと共通のモチーフとなるドーナツ型のリアコンビネーションランプを新たに採用。

「あとは改良を受け、装備や性能面にますます磨きがかかったことも注目ですね。ヘッドライトがLED式に進化したほか、500X Crossにはフロントパーキングセンサーが採用されました。装備はもともと充実していて、車間距離を一定に保ちながら前走車に追従できるアダプティブ クルーズ コントロール(ACC)や、後退時にモニターを通じて後方確認ができるリアビューモニターを備えているあたりは、長距離を走る人はもちろん、ファミリーカーとして選ばれることも多いSUVとして好ましい点だと思います」


左:Apple CarPlayやAndroid Autoに対応するUcconect®。7インチタッチパネルモニターは後退時にはバックカメラの映像を映し出し、車庫入れをサポート。 右:ラゲッジルームは大型のスーツケースも飲み込む広さ。


心を熱くさせる一面も

─実際に走らせた感覚はどうですか?

「すごく軽やかに回るエンジンだと感じました。このエンジン“FireFly”(ホタル)という呼称が与えられていますが、いつのまにか行きたいところにたどり着いているような感覚は、まさにホタルみたいだと感じました。とても元気よく走ってくれます。あとパドルシフトを装備しているので、エンジンブレーキや、ギアを下げてダッシュも決められます。加速力は想像したより力強いと感じましたね。あと振動が少ないことも印象的でした。交差点でアイドリングストップして再び走り出す時も、エンジンの始動が非常にスムーズで、運転している人しかエンジンが停止していたことに気づかないんじゃないかと思うほどでした」


搭載するエンジンは“FireFly”と呼ばれる新世代の1.3リッターターボ。最高出力151ps、最大トルクは270Nmを実現。

─なるほど、走りも洗練された印象ですね。では最後に全体をまとめた印象をお願いします。

「今日一日乗って思ったのは、フィアットって120年の歴史を持っているカーブランドで、500シリーズはそのなかでも、もっとも長く親しまれてきたクルマ。そのテイストを踏襲した500Xの走りには、長年のクルマづくりのなせる“深み”を感じました。乗り心地というのは、ボディのつくりと足回り、シートのデキなどがぜんぶ合わさって快適に感じるものですが、500Xはそのハーモニーが取れていて、柔らかすぎず、硬すぎずでイイ感じでした。エンジンは振動が少なく、静かである一方、心を熱くさせるものも備えていて、運転の仕方次第で性格を変える奥深さを見ることができました。かわいいだけではなく、心を打つようなツボが随所に散りばめられているあたりに魅力を感じました」


チンクエチェントから受け継ぐべきところを受け継ぎつつ、SUVとして求められる機能や乗り心地も備えている新型500X。コンパクトななかにも個性が凝縮されているところに、フィアットらしさが感じられます。



【新型『500X』試乗キャンペーン】
6/18(火)まで、全国のディーラーにて新型500Xを試乗いただけます。さらに、抽選で50名様に話題のVRカメラをプレゼント!今すぐ試乗のご予約!
試乗キャンペーンの詳細はコチラ

新型『500X』の詳細はコチラ

写真 郡 大二郎

 

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FIATの最新情報をお届けします。