fiat magazine ciao!

まるも亜希子さんに聞く、はじめてのクルマの選び方2【ディーラー編】

絶対に失敗したくないはじめてのクルマ選びを、カーライフ・ジャーナリストのまるも亜希子さんがサポート! 後半となる【ディーラー編】では、試乗など購入時のポイントを中心にお聞きしました。

 

やっぱり気になる、クルマにまつわるお金のハナシは【お金編】でチェック

 

 

恋するように、クルマを選ぼう

500のラゲッジは2人分の大きな登山用リュックサックもOK! よくクルマに積む荷物を持ってきて、ディーラーで試してみましょう

 

― はじめてのディーラー、ドキドキします!

 

気軽に来店して大丈夫ですよ(笑)。

ただ、何も分からず来店するよりは、WEBサイトなどで事前にクルマの情報を得て、気になる点を現物確認する感覚で実車を見る方がスマートですね。WEBで目星をつけて量販店で確認する、最近の家電選びと似ているかもしれません。

でもクルマ選びではそれプラス、パッションというか感情の部分も大事にしてほしいです。「見た目がすごく好き」とか、「この色が良い」とか、そういう気持ちで選んだクルマと、そうじゃないクルマは、買ってからの愛着がまったく違うんですよ。

 

― なるほど。恋愛と一緒ですね。

 

「ちょっと難はあるけど、この顔がたまんないんだよね」ってなると毎日が楽しいし、駐車場に置いてある姿を見るだけでもウキウキします。そういうカーライフを送ってほしいと思うんですよね。

私は条件面ではクリアしているクルマでも、直感でなんか合わないなと思ったら買わないです。逆に値段や燃費などがちょっとネックになっても、「このクルマ、ホント好きだ」と思ったらそちらを選びますね。これはペットを飼うときに似ているかもしれませんね。出会いのときめきを大事にしてください!

 

― ディーラーで確認すべきポイントを教えてください。

 

まずは運転席に座って、その感覚を確かめてほしいですね。どんなに良いと思ったクルマでも運転席にフィットしなければ運転するたびにストレスになってしまうので、運転ポジションがしっかり自分に合うかどうか、そこは必ずチェックしてください。

 

― 運転ポジションが合うとはどのような状態でしょうか?

 

おしりをシートにしっかり密着させて、ハンドルを持ったときに軽く肘が曲がるくらいで、圧迫感がなくリラックスできるクルマだったらいいと思います。視界もなるべく見えないところが少ないかを確認しましょう。

 

― シートの硬さなどはいかがでしょうか?

 

私は硬めの方が良いと思います。柔らかいと身体が動きやすいので、その分疲れやすいと思うんですよね。なのでしっかりハリがあるシートがおすすめです。

 

― フィアット車のシートはいかがでしょうか?

 

良いですよ。ヨーロッパのクルマって長距離を走ることが前提なので、そのあたりはこだわっています。

あと、お子さまがいる場合は家族みんなの乗り降りのしやすさも重要です。FIAT 500は2ドアなので、後部座席の乗り降りしやすさを優先する場合はPandaや500Xという選択肢もありますね。

 

500Xのラゲッジは1週間の旅行にも対応する大きなトランク&ベビーカーも収納可能

 

― 他に確認するべきことはありますか?

 

荷物の積み下ろしですね。普段よく積むものがあれば、それを持ってきて実際に積ませてもらってください。特にトランクやベビーカー、ゴルフバッグなどは要注意です。

私自身それで失敗したこともあります。あるコンパクトクーペに乗っていたときのことなのですが、そのクルマはハイブリッドエンジンだったのでラゲッジスペースの底がすごく高くて。そうすると海外に1週間行けるぐらいのトランクだと重くて持ち上がらなくて。空港の警備員さんに声を掛けて取り出してもらいました。チェックしておけば良かったなと後悔……。

 

 

試乗、そして購入へ

 

― 荷物を積めることを確認したら、いよいよ購入ですね!

 

いえ、購入前に必ず試乗をしてください。初めてのクルマで緊張するとは思いますが、走りを感じることが大切です。たとえばフィアット車なんかはマニュアル車のフィーリングなので、最初はびっくりするかもしれませんが、慣れてくるとこれが楽しいんですよね。

買ってからどんどん飽きてくるクルマと、乗るほどに楽しくなるクルマがあって、フィアットは絶対に楽しくなってくるタイプ。イタリアでも500のレンタカーを借りて500kmぐらい走ったんですけど、もうすごく楽しくて長距離もラクなんですよね。

 

― 試乗でチェックすべきポイントはどこになりますか?

 

運転操作の仕方はもちろん、手が届きやすい位置にいろんなものがあるか、道路に出たときに周囲が見渡しやすいか、ハンドルを切ったときの感覚、そのあたりが自分に合うかどうかチェックしてください。

 

― 試乗でのチェックもクリアすれば、いよいよ購入です! 乗って帰っても良いんですか?

 

いえ、即日はムリです。在庫があれば早くて2週間、だいたい1カ月ぐらいで納車されます。

納車の日ってものは、ホントうれしいもんですよ。朝からソワソワしちゃって(笑)。家に持ってきてもらう場合もあるのですが、私は早く乗りたくて自分で取りに行くことが多いですね。

 

― 話を聞いているだけでワクワクします。納車された後に気をつけることはありますか?

 

メンテナンスについてはディーラーのおすすめをしっかり守っていれば問題ないと思います。私が後悔しているのはボディのコーティングを最初にやっておけば良かったなと。3年ぐらいたつと日焼けや汚れで、新車当時の色と変わってキラキラのツヤがなくなってきてしまうんです……。

あと1年に1回、エアクリーナーとワイパーのゴムは変えてほしいですね。ご自分でも簡単に変えられますよ。

 

― せっかく手に入れた愛車ですから、大切に乗りたいものですよね。最後に、クルマの購入を検討している皆さんにメッセージをお願いします。

 

クルマがあれば、電車じゃ行けない絶景を見に行ったり、電車がない時間にも好きに行動できたり、お子さまが熱を出したときにも病院に連れて行ってあげられたり、郊外のショッピングモールにお買い物に出かけられたり。思い立ったらすぐ自由に行動できますし、雨の日でも猛暑の日でも快適です。

クルマに乗ると視点が変わって必ず人生が変わります。ぜひ皆さんもクルマのある生活を楽しんでくださいね。

 

 

【撮影協力】
フィアット松濤
〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-3-13
TEL:03-6804-9555
営業時間:9時30分〜18時30分(毎週火曜日定休)
https://shoto.fgaj-dealer.jp/fiat/

お客さまにクルマを思う存分楽しんでもらい、快適に乗り続けてもらうことをモットーに、フィアットオーナーにしか味わえない楽しいカーライフや、万全のサービス体制を、情熱あふれるスタッフがご案内します。また、併設のFIAT CAFFE SHOTOでは、おいしいKIMBOコーヒーやパスタ、ドルチェもお召し上がりになれます!いつでもお気軽にお立ち寄りください。

 

 

やっぱり気になる、クルマにまつわるお金のハナシは【お金編】でチェック