fiat magazine ciao!

愛犬と500Cといっしょに暮らす、よろこびいっぱいの都市生活

  • facebook
  • twitter
  • line
Pocket

ファッション誌や企業広告、堺正章さん、石田純一さん、高橋克典さんをはじめとした芸能人のスタイリングなど、幅広く活躍する小川カズさん。その愛車は、フィアット唯一のカブリオレモデルである500C。

収録後、石田純一さんと

エクステリアに千鳥柄のラッピング、インストルメントパネルにイタリア国旗のカラーのペイントを施したお洒落な500Cに、5歳となるミニチュアシュナウザーの愛犬グラちゃんを乗せて、都会生活を満喫しています。

500Cの乗り心地にグラちゃんも大満足

「スタイリストの仕事は曜日も、時間も問わず、常に動いている感じがします。だからこそ、たまの休日にグラとランチを食べに行くことが、とても楽しみなんです」と語る小川さん 。

「僕が生活圏としているエリアは、“愛犬OK”のレストランが多いので、いっしょにランチを楽しんでいます」。ランチへ向かうドライブ中の車内でも、グラちゃんはお行儀よくしているとのこと。それも、500Cの乗り心地がいいからかもしれません。

小川さんオススメの“愛犬OK”のレストランは、麻布十番にある本格イタリアン『オステリア ディエチ』や、無国籍料理『酒肆ガランス』。どちらも事前に「犬と一緒に行きたい」と電話で伝えてから行った方がスムーズだと教えてくれました。

クルマはカッコいいかどうか大事

「僕は、クルマのメカニズムや性能には、あまり興味がないんです。僕にとってのクルマ選びは『カッコいいか、カッコ悪いか』の二択しかありません」と言う小川さん。そんな、スタイリストのハイセンスなお眼鏡に叶ったのが500C。

500Cのフォルムや、ライトなどのディテールにイタリアンデザインの真骨頂を感じる一方、エクステリアのラッピングには相当なこだわりがあったとのこと。

「FIAT創業者の孫で、世界的なファッショニスタとして知られるラポ・エルカンが、イタリアで千鳥柄のアバルトに乗っている写真を見て、彼に対抗して同じ柄にしちゃいました(笑)。ラポのクルマの写真をじっくりと研究して、柄の大きさも間隔もそっくりに真似た柄のフィルムを作成してもらい、白い500Cをラッピングしたんです」。さらに内装もイタリア国旗カラーに塗ったとも。どちらも純正ではなく、総費用はかなりかかったそうで、そのため、このラッピングはあまりオススメできないとのことでした。

こちらがラポ・エルカンと千鳥柄のアバルト

「2014年に購入し5年間乗っていますが、見た目はもちろん、機能性も満足しています。撮影や衣装の貸出、打ち合わせなどで都心を移動する際は、コンパクトで取り回しが楽なのがいいですね。しかも、小気味良く走るので運転自体も楽しい!」と、500Cのユーティリティの良さにも、小川さんは大満足でした。

500Cに似合うファッションとは?

撮影当日、小川さんのファッションは、ネイビーのジャケットとパンツに白いTシャツ。

「このスーツは、僕が『JANGOL by Kaz Ogawa』というブランドでプロデュースしたゴルファー向けのものなんです。ポロシャツを合わせれば、格式高いクラブハウスでもOK。また、ジャケットを脱げばそのままプレーできるという、機能性とおしゃれさの両立を狙いました。ストレッチ性が高く、シワになりにくいところにもこだわりました」と語る小川さん。残念ながらこちらのスーツは現在完売とのこと。しかし、ポップな500Cにあえてシックなネイビースーツを合わせるというギャップ感がおしゃれの秘訣というヒントをいただきました。ちなみに、 グラちゃんのリードは某ラグジュアリーブランンドのもの。 小物にも気を抜かない点に、トップスタイリストのセンスが光る小川さん。

軽快でスタイリッシュな500C、そして愛犬グラちゃんといっしょに都市生活を謳歌する姿が目に浮かびます。 

開けても閉めてもおしゃれなカブリオレモデル500Cはコチラ

ドッグフレンドリーなレストランについてはコチラ

オステリア ディエチ』 東京都港区麻布十番2-8-15 ☎︎03-3453-4021

酒肆ガランス』 東京都港区白金5-5-10 2F  ☎︎03-6721-7588

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FIATの最新情報をお届けします。