fiat magazine ciao!

アメリカ生活の苦楽を共にする相棒です

  • facebook
  • twitter
  • line
Pocket

小さな赤い宝石に魅了されたのです

中田智子さんは、ご主人のお仕事の都合で、横浜からアメリカ・ミシガン州に移り住むことになりました。まだ小さなお子さんが二人いて、不安もたくさんありましたが、500との出会いですべてがポジティブに進んでいるようです。



「実は私は、FIAT 500のことを知りませんでした」と中田さんは言います。日本にいるときは、クルマを必要としない生活を送っていたので、FIATどころかクルマ自体に興味がなかったご様子。

「アメリカに来て、当然クルマが必要になりました。近所の方がPandaに乗っていて、可愛いな~と日々思っていました。だからPandaにしようかな、とFIATのショールームに行ったところ、出会ってしまったのです」。


ミシガン州ではフロントにナンバープレートを付けることは義務化されていません

そのクルマは店内の中央でひと際輝いていました、と中田さんは回想します。「まるで小さな赤い宝石を見つけたかのような気分になりました。この真っ赤の500を見た瞬間、魅了されたのです」。

中田さんは興奮する気持ちを何とか落ち着けて、ショールームまで乗ってきたご主人のクルマへ向かいました。チャイルドシートをふたつ着ける必要があることを思い出したのです。

お店の方に許可を得て装着させてもらいました。すると問題なく着けられたので、少しの迷いもなく、即決でした。本当に運命の出会いだったと思います」と中田さん。

「ミシガン州ではナンバープレートのデザインが選べるんです。これまでの人生の中で、ナンバープレートのことなんて考えたこともなかったのですが、500に似合うのはどれかな?とあれこれ悩むほどこのクルマが好きなんです」。

500の好きなポイントは「すべてです!」

中田さんの500は米国仕様。オプションでレザー内装を選びました。左ハンドルなのはもちろんですが、同じ500でも日本仕様車とはいろいろなところに違いがあるんですよね。

500が愛車になって何が変わりましたか? と尋ねると、「すべてです」とのご回答。

続けて中田さんは、「アメリカではクルマがないと生活できません。日本での生活からはすべてが変わりました。500はアメリカ生活の苦楽をともにする相棒なんです」と言い切ります。

続けて500の好きなポイントは? という質問にも、「すべてです!」と即答。 

「外見はもちろん、内装も可愛いので乗ってもテンションが上がります。私の住んでいるミシガン州の冬は本当に厳しい寒さなのですが、500に乗るとテンションが上がるので、マイナス30度にもなる極寒の季節でも引きこもることなく、私の足取りを軽やかにしてくれます」。 

どこへ行くのも500と一緒だという中田さんのお気に入りのドライブスポットは? 

「やはりミシガンといえば湖です。この綺麗な湖は私たちの住む土地の象徴ですね。500を走らせていると道の真ん中にグース(ガチョウ)が寝ていたりして、そんなのんびりした場所を走っていると癒されます。子供たちの学校や習い事の送り迎えや、買い物など日常生活でも、大好きな音楽を聴きながら500をドライブすると本当に気分が上がります」。 

中田さんのSNSには、たくさんの500のポストがあります。お子さんとのやりとり、季節の変化、ファッション、音楽……日常のほぼすべてに500が寄り添っているように感じられます。一目惚れだったという最初の出会いから相思相愛は永遠に続きそうです。 

街を賑やかに! ストリートを鮮やかに! いちいちかわいいコンパクトカー500はコチラ

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FIATの最新情報をお届けします。