fiat magazine ciao!
Vol021_pix01_ttl

オーナー紹介〜「ALL JAPAN FIAT ABARTH MEETING」

  • facebook
  • twitter
  • line
Pocket

全国に拡大しつつある500(チンクエチェント)オーナーの輪。
ミーティングの会場にお邪魔してみると、オーナーさんたちが500とともに集い、互いのクルマについて語り合うステキな時間が流れていました。

 

FIAT500の前で愛犬を抱えた女性

 

トイプードルのボス君と一緒に参加していたのは、500オーナーになってもうすぐ3年が経つという青島佳代子さん。

元々キャブレター付きのクルマに乗っていたこともあるというだけあって、最初に500に興味を持ったキッカケはルパン3世に登場するNUOVA 500だったそうです。実際に通勤に使う実用性を考えてみたところ、現行モデルの500に心が動いたのだとか。

「それまで乗っていた日本車のスモールカーも乗り心地は良かったのですが、毎朝通勤ですれ違うステキな輸入車がいて、それがFIAT 500だったんです。デザインも可愛いし、コレを買おうと心に決めていました。何年かして頭金を貯めてようやく購入。今では毎日の通勤に使っています」と、500との出会った思い出を語っていただきました。

青島さんは頻繁にドライブするということで、所有されている1.2Lエンジンを搭載したPOPの実用燃費がどうか伺ってみると、
「通勤の時に30kmとか100km以上の長距離を走る時もありますが、ECOモードを使って走ると22〜24km/L程度で走れることもあるんです。燃費がいいのにストレスも感じませんし、可愛いクルマに乗ることができて自己満足しています。毎日が楽しいです!」と500と過ごす毎日を心から楽しんでいる様子が伝わってきました。

 

FIATのヒストリックカーと並ぶ男性たち

 

そして、貴重なヒストリックカーでお越しのお二人を発見。レッドのボディに水色の2本のストライプが走るジャンニーニ 590 GTコルサで来場していたのが丹羽隆さんです。

このモデルは車体が1967年式で、ジャンニーニ本社が1992年頃に古い車体を集めてリメイクしたもの。ハードトップのルーフは手動でスライドできるものになっていました。

 

FIATのヒストリックカーのエンジンルーム

 

ひときわ目を惹いていたのが、頼もしい走りを予感させるエンジンルーム。丹羽さんによれば、「エンジンは自然吸気の650ccですが、ノーマルと比べると高回転で力強さを発揮する特性をみせるタイプです。走ると安定感もあるし、街乗りでも意外と乗りやすいですよ」とのこと。

イタリアのヒストリックカーが集まる走行会など、ミニサーキットも走らせているということで、運転席と助手席にはホールド性を高めたバケットシートや4点式のシートベルトも装着していました。

「どんなシーンで一番気持ちよく走れますか?」と伺ってみると、「このクルマは乗っているだけで気持ちがいいんです。何年経っても古さを感じさせないですし、乗れば乗るほど愛着が湧いてくるのがこのクルマのいいところですね」と語っていただきました。歴史を歩んできた特別なモデルが今なお元気に走っている姿を拝見できたことをとても嬉しく思います!

 

FIAT500のリアハッチで食事する親子

 

時刻は昼下がりということで、500のリヤハッチを開けて昼食を食べている親子を発見しました。ボサノヴァ ホワイトの1.2L POPにお乗りのオーナーの村岡哲朗さんと3歳の宗一郎君です。

後席にはチャイルドシートが2つ装着されている様子。すかさず伺ってみると、3歳の宗一郎君の他にも3ヶ月のお子さんが一人、奥様を含めた4人家族で500に乗ってドライブに出掛けるそうです。

子育て家族で何故スモールカーの500を選択したのか質問してみると、「本当はもう少し大きいクルマが欲しいと思っていたのですが、デザインが良くて、内装がお洒落な500に惹かれました。中でも、ボディと同色のダッシュボードや赤と白のツートンカラーのシートが気に入っています」と一言。

実際にどうやって使っているのか興味津々で伺ってみると、「500のボディサイズは小さいですけど、4人が乗っても言うほど窮屈ではないんです。乳児を乗せるA型ベビーカーも積めますし、子育てファミリーの方も恐れずに乗ってみて欲しいですね」と、頼もしいコメントをいただきました。

「500はちょっと乗っているだけでも楽しいクルマです。うちの子供はすれ違う500を見つけると『赤とか青のウチのブーブーが走ってる!』って言うんです」と、お子さん自身も500が気に入っている様子を話して頂きました。

「実は僕より先に、嫁さんが地元のディーラーで見つけてひと目惚れしちゃったんです」と村岡さん。奥様の価値観を家族みんなで共有できるって素敵なことですね!

会場では、500オーナーさんらしいユニークな演出も来場者を楽しませていました。

 

ステッカーでデコレーションされたカバンをリヤにのせたNUOVA 500
ステッカーでデコレーションされたカバンをリヤにのせたNUOVA 500

 

青空に映えるレッドのボディカラーが視線を集めていたNUOVA 500。リヤに背負った革製のトランクにはステッカーでデコレーションされていて、楽しげなムードを盛り上げていました。

 

FIATのロゴが入った服を着るぬいぐるみ

 

ダッシュボードの上にFIATのロゴ入りのパーカーを着用したテディベアが置かれている500を発見。3匹が仲良く並んでいて微笑ましいですね。

 

リアゲートに工作をのせたFIAT500

 

リヤゲートを開けたら、トノカバーの上の緑地に500が集う空間を演出している500。500らしいユニークな世界を作り上げたオーナーさんに拍手!

 

FIATのロゴが入ったカバーをかけたシート

 

手作りのカバーが掛けられたヘッドレスト。停車しているのに、ドライブのワクワク感が伝わってくるようです。

 

FIAT500のミニカー

 

1/1の500たちをバックにミニカーも勢揃いしていました。
500のミーティングだから、彼らも立派な参加車両ですね。
500のオーナーズ・ミーティングで出会ったオーナーさん達の十人十色のライフスタイル。これからも500と共にステキな毎日をお過ごしください!

 

FIAT車のオーナーたち

 

藤島知子(モータージャーナリスト)

幼い頃からのクルマ好きが高じて、スーパー耐久のレースクイーンを経験。その一年後、サーキット走行はズブの素人だったにもかかわらず、ひょんなことから軽自動車の公認レースに参戦することになる。以来、レースの素晴らしさにどっぷりハマり、現在は自動車雑誌やWeb媒体で執筆活動する傍ら、箱車にフォーミュラカーにと、ジャンルを問わずさまざまなレースに参戦している。

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FIATの最新情報をお届けします。