fiat magazine ciao!

AmiCono代表・井上舞子さんに訊く、ジェラートの魅力って何ですか?

  • facebook
  • twitter
  • line
Pocket

「世界中の“友達”をハッピーにするジェラテリア」をコンセプトに、2017年11月に東京・自由が丘にオープンした『AmiCono JIYUGAOKA(アミコーノ自由が丘)』。今年7月に開催されたFIAT PICNICにも出店していたので、こちらのジェラートを味わったフィアットオーナーの方も多いのでは?

オーナー兼ジェラティエーレである井上舞子さんは「母が黄色の500に乗っていますし、FIAT大好きなんですよ」と言います。ジェラート作りはフィレンツェで学んだという井上さんにジェラートの魅力を伺ってきました。 


店名はイタリア語で友達を意味する「amico」と、コーンを意味する「cono」から。
コーンまで美味しく食べられるジェラートと、友達が集まるような雰囲気のお店です。

ジェラート店をスタートさせたきっかけは?

まずはジェラート店をやろうと思ったきっかけを井上さんに訊きました。 

「理系の大学に通っていたのですが、アルバイトで始めた飲食業界に惹かれてしまい、親の反対を押し切って、そのままバイト先のレストランに就職したんです。バンケットという様々なパーティなどをプロデュースする担当でした。そのお店は外国人のお客様も多かったのですが、私は英語が話せませんでした。それがコンプレックスでしたので、退職して思い切ってオーストラリアへワーキングホリデーに出ました」


アミコーノ代表の井上舞子さん。バリスタの資格を持ち、ジェラートはもちろんですが、コーヒーも美味しい。

約1年間をオーストラリアで過ごし帰国。コンプレックスは解消されたのですが、新たな悩みが生まれたと井上さんは言います。

「帰国すると周りの状況が変わっていました。友人は仕事で昇進したり、結婚したり、みんな歩を進めていて、私だけ取り残されているような気分になりました」 

そこから井上さんは仕事に没頭します。白金にあるイタリア料理店の店長となり、オープンから閉店まで、毎日働いたというのです。 

「がむしゃらに働いていたのですが、30歳を目前にして、このままでいいのかな、とも考えるようになったのです。飲食業をやっていると最終的に独立しないと楽しくないのかな、とか。私にしかできないことって何だろうと毎日考えるようになったのです。悩んでましたね」 


「生産者がわかる安心・安全な原材料」「化学調味料不使用」「スーパーフード」にこだわったジェラートを作る井上さん。 

そこで井上さんは、ご自身が好きなモノやコトをノートに書き始めたといいます。記されたワードのひとつが海外旅行でした。 

「それまでイタリア料理店で働いているのにイタリアに行ったことがなかったんです。友人とふたり、ミラノ、ヴェネツィア、ローマ、フィレンツェを巡りました。その時の写真を見ていると、ジェラートのものがとても多かったんです。なんでこんなにジェラートの写真を撮ったのだろう、と思い返しました。ジェラートのカラフルさが好きだったのもありますが、とにかく年齢、性別関係なく、イタリアでは誰もがジェラートを楽しんでいたことを鮮明に思い出したんです」 

そこからの井上さんの行動は素早かったのです。 

「食は本場で学ぶ、という考えを持っていましたので、ジェラートならフィレンツェに行くしかないと考えました」 

フィレンツェでは毎日、毎日ジェラートのことだけを考えていました

ちょうど30歳と半年を数える日にフィレンツェへと旅立った井上さん。 

「日本から修業をお願いしていたジェラート屋さんはドゥオーモのそばにありました。アンティカ・ジェラテリア・フィオレンティーナというお店です」

無事、フィレンツェに降り立った井上さんですが、修業の時間は限られていました。


フィレンツェのジェラート店頭で師匠と撮影。

「毎日夜遅くまで働きました。アンティカでは他にも修業している人がいたのでフルタイムでは働けませんでした。だから別のジェラート屋にお願いして働かせてもらいました。毎日、毎日ジェラートのことばかり考えていました」


ヴァローナのカカオの風味が生きたチョコレートのジェラートをクッキーではさんだ「ジェラクッキー」を作る井上さん。

フィレンツェのすべてのジェラート店を訪れたと言います。 

「全部で54店。味わい、店構え、接客を勉強しました」 

フィレンツェで学んだことは?と訊くと。 

「ジェラートは食材の味がストレートに出ます。つまりごまかしがきかないのです。だから季節の旬を大事にする必要があるということを学びました。日本のスーパーマーケットには、季節外れのものも揃えています。それは便利なことですが、自然なことではありませんね」 

フィレンツェでの修業を終え、帰国した井上さんにまた新たなる壁が現れます。

「それまで飲食店の店長をやったことはあったのですが、お店をゼロから作ったり、経営したことはなかったのです。当然、ジェラート店を開業する方法がわかりませんでした」 

途方に暮れる井上さんに運が味方します。 

「昔から可愛がっていただいていた飲食業界の社長が雇ってくれたんです。でも、入社前にいいました。私は3年後に独立します、と」 

そこは「チャヤマクロビ」というマクロビをはじめとする自然食を扱う会社でした。そこでの仕事のひとつに4店舗のオープンとリモデルを担当。業者への依頼や契約、保健所への申請など、飲食店を開業するためのノウハウを得たのです。

「マクロビオティックやアレルギー対応の料理、添加物について触れることで、社会における重要性や必要としている方々がこんなにも多くいらっしゃるということを学びました。乳アレルギーを持つ小さなお子様が、「ママ、僕もアイスが食べられた」と豆乳のアイスを頬張るお子様を目の前で見たとき、目頭が熱くなったのを今でも思い出します」

ジェラートは人をハッピーにする


左から、手作りのヴィーガンのグラノーラと季節のフルーツ、ヨーグルトにジェラートを乗せた「パフェジェラ」、自家製コーンの「ジェラコーノ」、「ジェラクッキー」、「カフェジェラ」。

「入社して2年目に自由が丘に私用があってこの店の前を偶然通ったんです。テナント募集という張り紙があって。独立するならここだ、と直感しました。すぐに不動産屋さんに電話をしたのですが、残念ながら先約があるとのことでした」 

しかし、縁があったようです。 

「その1ヶ月後にまたここを通ると、まだ張り紙があったのです。改めて電話をすると先約はキャンセルされた、と」 

そこから井上さんの行動は、またも素早かったのです。

「会社に辞職届を出したのが8月。有休を使って開店へ向け、店舗を改修したり、銀行から融資を得て機材を買ったり。そして、2017年11月の28日にオープンさせました」 

3年を待たず、2年で独立を果たしたのです。 


自然栽培で採れたメロンとプラム。

寒い季節のジェラート店は、大変だったのでは。 

「バタバタの中でオープンさせたので逆にいい助走となりました。ビジネスとしては卸しも開店と同時にはじめて、すぐに目黒の八芳園さんや、今までお世話になったシェフたち10店舗ほどが取引してくれましたので春先への準備期間にあてることができました」


毎日8種類のジェラートを用意。店内奥で造られます。この日は、農薬・肥料不使用のとうもろこしや山梨県産の桃、自然栽培のほうじ茶のラテなどが並んでいました。

開店から2年を迎えようとするアミコーノは地元でも愛される存在になっているようです。 

「11月の寒空にジェラート屋がオープンだって?と不思議がられる存在でしたが、いまではほぼ毎日来店してくださる84歳のおじいさんがいます。2日いらっしゃらないと心配で電話しちゃうほどの仲です。小学校2年生のお子さんは今までお母さんと一緒に来てましたが、そろそろ一人で来させますとお母さんは言います」 


オーダーが入ってから造られるコーン。卵・乳にアレルギーをもつ方のための7大アレルゲンフリーのグルテンフリーコーンも用意。

取材当日も常連さんがひっきりなしに訪れてきます。最後に井上さんにとってジェラートとはどんな存在なのかを伺いました。 

「ご来店いただいた皆さん全員にHAPPYになってもらいたいので、ヴィーガン対応メニュー、卵や乳アレルギーの方々向けのジェラートも用意しています。ジェラートを食べながら悲しい気持ちになったり、喧嘩をする人っていないですよね。ジェラートは人をハッピーにする力があると思います。そして、フィレンツェで見たように老若男女を問わず、皆が笑顔でジェラートを楽しんでいただければと思います」


井上舞子さん 1984年生まれ。理系の大学を卒業後、飲食企業でサービス、ウェディングプランナーを経て、フィレンツェのジェラート店で修業後、2017年にアミコーノをオープン。 

AmiCono(アミコーノ)
東京都世田谷区奥沢5-27-9 
☎03-5755-5183 
https://amicono.official.ec/
営業時間11:00-19:00 
不定休
ジェラート¥380~、ドリンク¥250~ 
2Fにはイートインスペースがあります

ジェラートワールドツアージャパン 2019 横浜 チケットを当てて投票しよう!

日本No.1の称号は誰の手に!? 4年ぶりに日本に帰ってきたジェラートの祭典

イタリアを代表するドルチェといえばジェラート!

その日本一を決める祭典が、4年ぶりに日本で開催。

フィアットでは抽選で25組50名様に投票権付きチケットが当たるTwitterキャンペーンを実施します。

国内各地のジェラートエキスパートたちによる絶品を食べ比べて、お気に入りのフレーバーに投票しよう。

みなさんの投票で日本No.1ジェラートが決まります。

会場ではかわいいフィアットブースも登場。

入場無料です。ぜひ遊びに来てください!

【応募はコチラ】 

応募期間:2019年8月9日(金)~8月20日(火)

https://twitter.com/FIAT_JP/status/1159769922383142913

ジェラートワールドツアー ジャパン 2019 横浜 
開催日:8月31日(土)10:00~18:00、9月1日(日)10:00~17:00

会場:大さん橋ホール(横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル) 
   〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4 
入場料:無料 (試食や物販は有料。) ※セミナー等は無料で参加いただけます
テイスティングチケット(投票権付き):
前売券:1,500円(販売期間:2019年7月1日~8月23日)
当日券:1,700円

  • facebook
  • twitter
  • line

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FIATの最新情報をお届けします。