fiat magazine ciao!

FIAT 500Xで行く大分別府周辺を巡る旅

  • facebook
  • twitter
  • line
Pocket

別府の温泉&グルメを彩る“地獄蒸し”

フィアットで日本各地を巡る旅へ。暑さもひと段落し、本格的なドライブシーズンの到来です。今回向かったのは大分県・別府方面。別府といえば外せないのが、温泉と“地獄蒸し”。地獄蒸しとは、地下から噴出する熱蒸気を活用した料理法のこと。別府・鉄輪温泉エリアでは、ミネラル豊富な蒸気があちらこちらから吹き出していて、地域の人々はこの地獄蒸しを、料理のみならず日常のさまざまなシーンに役立てています。



別府市の鉄輪温泉エリアを走る「500X Cross」。温泉の湧出量で日本最大を誇る別府の中でも鉄輪温泉は源泉数が多く、古くから湯治場として栄えてきました。大分空港から50分ほど(左)。湧き出る温泉の蒸気を使った地獄蒸し料理(右)。

さあ、この地域ならではの絶景ポイントやグルメ、さらには希少アイテムを求めて、FIAT 500X Crossでドライブに繰り出します!


緑が美しい絶景ドライブルート、やまなみハイウェイ



由布岳を望みながら、緑に囲まれた美しいルートを進んでいきます。

“九州でもっとも有名なドライブコース”とも言われる「やまなみハイウェイ」(県道11号線)は、大分県別府市と熊本県阿蘇市を結ぶ、全長約50kmのルート。くじゅう連山を一望できる展望台や、観光スポットとして有名な湯布院など、道中には立ち寄りスポットがたくさん。由布岳周辺では青々と繁った美しい緑を望みながら、気持ちいいドライブが楽しめます。


途中、ゆるやかなカーブが続くワインデイングロードも。景色を眺めながらのドライブは爽快。

大パノラマが楽しめる高さ日本一を誇る大吊り橋 九重“夢”大橋


鳴子川渓谷にかかる大吊橋。2年半の建設期間を経て、2006年に完成。橋上から四季折々の景色が見られます。

湯布院からやまなみハイウェイ経由、または大分自動車道と県道40号線経由で40-50分ほどの場所にある「九重“夢”大橋(ここのえゆめおおはし)」。高さは173m。歩道専用の吊り橋としては日本一の高さを誇ります。また全長は390mあり、非日常の景色をたっぷり楽しめます。橋上からは日本の滝百選にも選ばれた「震動の滝・雄滝」や「雌滝」を望むことができ、迫力満点の建造物と雄大な自然を同時に楽しめます(ただし、傘をさしての入場やペットを連れての入場は禁止なのでご注意を)。

入場ゲートをくぐると長さ390m、幅1.5mの大吊り橋が待ち受けています(左)。日本の滝百選にも選ばれた震動の滝が望めます(右)。



SHOP DATA

名称九重“夢”大橋
住所大分県玖珠郡九重町大字田野1208番地
電話番号0973-73-3800
営業時間8:30-17:00(1-6月、11-12月) 8:30-18:00(7-10月)
定休日なし(悪天候などで入場制限する場合あり)
入場料中学生以上 500円、小学生 200円
Webサイトhttp://www.yumeooturihashi.com/

 

 

マイお土産を自分で作ろう! 別府市竹細工伝統産業館で竹細工ワークショップ

ワークショップで製作体験できる花かご「四海波(しかいなみ)」。作業に要する時間は1時間ほど。

大分の地場産業、別府竹細工。大分県が生産量全国一位を誇るマダケを主材料に、編み組みから仕上げまでを手作業で行います。別府市竹細工伝統産業館では、竹細工を作る楽しさを気軽に味わえるワークショップを実施し、竹細工の魅力を発信しています。作らせてもらう作品は、「四海波(しかいなみ)」という花かご。参加費は1,000円で、所要時間は60分ほど(要事前予約)。他に竹鈴づくりのプログラムもあり。旅の思い出に、マイお土産づくりを試してみては?

ワークショップではスタッフの方が作り方を丁寧に教えてくれるので、予備知識がなくても気軽に楽しめます。

また、施設には竹工芸の展示室が併設されていて、数々の名工の作品を見ることができます。ワークショップに参加したあと、展示室で竹細工の美しさや奥深さを感じてみてはいかが。

SHOP DATA

名称別府市竹細工伝統産業会館
住所別府市東荘園8丁目3組
電話番号0977-23-1072
開館時間8:30-17:00
休館日毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末・年始(12月29日~1月3日)
入場料高校生以上300円、小・中学生100円
高校生以上310円、小・中学生100円(2019年10月1日から)
Webサイトhttps://www.city.beppu.oita.jp/06sisetu/takezaiku/takezaiku.html

 

地獄蒸しを駆使した絶品イタリアン「オット エ セッテ オオイタ」

左上:この日の前菜は、おいしくてヘルシーな地獄蒸しによる温泉卵とアスパラのサラダ。特にグリーン野菜は地獄蒸しするだけで旨味がアップするそうです。
右上:パスタも温泉で湯がいたものを使用。コシが強く、地獄蒸し独特の食感が楽しめます。バジルのペーストとハモ、唐辛子でアレンジ。
左下:メインのお肉は、地元の農家さんが育てている吾一(ごいち)の豚。バラ肉を塊のまま塩麹に漬け込み、その後に地獄蒸しで柔らかく仕上げます。
右下:デザートは、アマゾンカカオを使った特製の地獄蒸しのプリン。味もさることながら、シェフが自分を描いたオリジナルロゴ入り容器はユーモアたっぷり。こちらのランチコースの料金は、3,000円。

 

鉄輪温泉の中心部にあるイタリアンレストラン「オット エ セッテ オオイタ」。シェフが地元の食材をメインに、地獄蒸しを駆使して振る舞うイタリアンは絶品。オーナーシェフの梯(かけはし)さんによれば、ミネラルをたっぷり含んだ温泉水は、沸点が100度を超え、高温で圧がかかるため、食材が柔らかくなるのだとか。それでお肉を柔らかくしたり、野菜を蒸したりと、おいしさを引き上げているそう。地元の食材と地域の料理法により、“ここでしか食べられない味”を追求しているのです。

 

お店はサリーガーデンの宿 鉄輪柳屋さんの一角に位置します。レストランでおいしく食べたあと、温泉に入り、宿泊するという贅沢な1日を過ごすことができます(左)。オット・エ・セッテのオーナーシェフ梯(かけはし)哲哉さん(右)。

SHOP DATA

名称オット エ セッテ オオイタ
住所大分県別府市井田2組
電話番号0977-66-4411
営業時間ランチ 11:30am – 14:00(ラストオーダー)/ディナー 18:00 – 21:00(ラストオーダー)
定休日火曜日
Webサイトhttps://www.ottoesetteoita.com/

 

抽選でしか買えない幸福を呼ぶ招き猫「工房 輪葉葉」

 

輪葉葉の招き猫。そのかわいらしさも人気の秘密。

大人気で、抽選でしか買えない工房 輪葉葉(わはは)の招き猫。招き猫を手にした人が幸運を手にしたという話が口コミで広がり、遠方からも数多くの購入希望者が詰めかけます。通常営業日の当選者はおよそ45人。朝11時に整理券が配られ、訪れた日は平日だったにもかかわらず、200人を超える購入希望者が集まっていました。営業日は木・金・土・日曜日の週4日。月に1度ほどネット抽選販売も行われますが、こちらもかなりの倍率。やまなみハイウェイ・湯布院のすぐ近くなので、近くに行く際には、運試しに訪れてみては?

朝11時頃の工房 輪葉葉。大勢の人が整理券を手に抽選待ち(左)。毎月第2金曜日 第4金曜日の窯出し日は、この日限定の招き猫も販売(右)。

SHOP DATA

名称工房 輪葉葉
住所大分県由布市湯布院町川上1946-25
電話番号0977-85-2489(テープ案内)
営業時間11:00-17:00
定休日毎週 月・火・水曜日
Webサイトhttp://www.kobo-wahaha.com/index.html

 

 

気軽に立ち寄り食べられる地獄蒸しプリンの老舗 岡本屋

岡本屋売店で販売される地獄蒸しプリン。

ほのかな苦味のあるカラメルと、天然の濃厚なミルクと卵の味わいがミックスした岡本屋の地獄蒸しプリン。昭和63年の創業以来、地獄蒸しによる変わらない製法で作り続けています。駐車場が充実しているのもうれしいポイント。ふらっと立ち寄り、湯気が立ち込めた店前で、食べ歩き感覚で楽しむもよし。メニューにはプリンのほか「地獄パフェ」も! またイートインスペースにはフードコーナーもあり、お腹も満たせます。

SHOP DATA

名称岡本屋売店
住所大分県別府市明礬3組
電話番号0977-66-6115
営業時間8:30-18:30
定休日無休
Webサイトhttp://www.jigoku-prin.com/

 

 

さて、別府エリアのドライブはいかがでしたか?
豊かな自然、鮮やかな景色をたっぷりと楽しめる旅となりました。また、地獄蒸しという地域の独特の料理法がさまざまな料理に役立てられていることがおわかりいただけたと思います。なお、近日中に別府の地場産業の竹細工をフィーチャーし、「FIAT×MIJP Vol.17 オリジナル ピクニックバスケットづくり」編をお届けする予定です。そちらもお楽しみに!

写真=荒川正幸

FIAT 500Xの詳細はこちら



  • facebook
  • twitter
  • line

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FIATの最新情報をお届けします。