好奇心こそイタリアンデザインのDNAである
FIAT FAMILY
世界中で愛され続ける500。その500のデザインを受け継ぎながら誕生したSUV『500X』。
両モデルのデザインを手掛けたデザイナー Roberto Giolito(ロベルト・ジョリート)に
特別インタビュー。

そこには500Xのデザインに留まらない、115年以上の歴史をもつFIATのデザインDNAや、
それを培ったイタリアンデザイン、そして彼自身の生い立ちによるデザイン哲学など
数々のエピソードが秘められていました。ぜひご覧ください。
Roberto Giolito
vol.01 FIAT ITALIAN DNA
(イタリアンDNA)
FIATのクルマは、イタリアのカルチャーそのものであると考える
ジョリート。彼が語る歴代のFIAT車、そして500Xにまで脈々と流れる
イタリアンDNAとは?
vol.02 FIAT DESIGN PHILOSOPHY
(デザイン哲学)
「シティカーとしての500のアイコンを、SUVとしてデザインする」
という挑戦。500と500Xに共通するデザイン哲学とは?
受け継がれるパーツデザインを解説するシーンは必見です。
vol.03 FIAT DESIGNER PHILOSOPHY
(デザイナー哲学)
なぜジョリートがデザインするクルマは世界中で愛されるのか?
「物事を根本まで突き詰めて理解し解決する」という
ジョリート独自の哲学を生んだ秘密は、彼の生い立ちにありました。
Giolito
ROBERTO GIOLITO ロベルト・ジョリート
1989年よりフィアット・チェントロスティーレに加わり、
初期電気自動車のプロトタイプを手がける。
翌年にはコンセプトミニバンのコンセプトづくりを開始。

2002年にはフィアットグループのデザインセンター所長に就任。
その5年後には、新型500にて、カー・オブ・ザ・イヤー受賞とともに、
フィアット&アバルトデザイン統括へ。
Twitterでみんなにシェア!
Facebookでみんなにシェア!
ロベルト・ジョリートが生み出したフィアット車の最新情報はこちら!
117
117
117