1899-1911

フィアット設立

1899年7月11日、ブリケラジオ宮殿で「Fabbrica Italiana Automobili Torino=FIAT(トリノ自動車製造会社)」の設立許可がおりる。取締役の1人だったジョバンニ・アニエッリが投資家からその洞察力と決断力を高く買われ、1902年に社長に就任する。

最初の工場が開業

1900年に最初の工場がコルソ・ダンテで開業。従業員150人が雇用され、まだバックギアも搭載されていない「フィアット 3 1/2 HP」など24台の自動車を生産した。1904年、ビスカレッティが手掛けた青背景に白文字で“FIAT”と記した楕円型のロゴマークが採用される。

自動車レースでの初勝利

第1回レースイタリアに参戦し、9台のフィアット車が完走を果たす。1902年、初の本格的なレース専用車「フィアット 24 HP」がサッシ-スペルガ間のヒルクライムレースでヴィンチェンツォ・ランチアの運転で優勝する。また第2回レースイタリアでは、ジョバンニ・アニエッリ社長自らが「フィアット 8 HP」に乗り、記録を打ち立てる。

海外市場への進出

フィアットは当時、世界で最も有望なアメリカ市場への進出に向けて動き出しており、1908年に米国にフィアット自動車株式会社を設立。会社は成長し、いくつかの関連会社も作られた。生産台数は増加し、乗用車以外にも商用車や船のエンジン、トラック、路面電車の生産に着手する。

革新的技術の投入

蓄電装置を備えた初の自動車や、フィアットが特許を持つカルダン・トランスミッションの開発など、次々と革新的な自動車を生み出してはその技術をレースに投入し、記録を残していく。

< PREV
NEXT >
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
*

フィアットとアバルト、その関係を紐解く